家賃保証会社が連帯保証人の代わりを

少し前まで、賃貸物件を借りるのには連帯保証人が必要でした。連帯保証人の責任は非常に重く、そんなことを大事な人には頼みたくないし、あまり縁のない人が引き受けてくれるわけもありません。それに家族形態も変化し、連帯保証人を立てられる人ばかりではなっくなってきています。それでも家主は強気でしたが、さすがに人口減少で空き家が増えてくると、そうした人を全部断るわけにもいかなくなったのでしょう。最近では、家賃保証会社を利用すればよいケースが増えています。

保証人がいても家賃保証会社の利用を要求

家賃保証会社というのは、ごく最近普及してきたもので、以前はこういうシステムはありませんでした。貸し手側にも借り手側にもメリットがある制度なのに、なぜかなかなかできないでいました。数多くの会社ができているところからすると、採算の合わない分野でもなさそうですが。近頃は、連帯保証人がいる借り手にも、家賃保証会社の利用を求める貸し手もいます。連帯保証人よりも、家賃保証会社のほうが当てになるのは明らかですよね。

保証なしで貸せないのはごく自然

貸主にしてみれば、保証なしで部屋を貸せないと思うのは致し方のないことでしょう。家賃保証会社の登場は、非常に歓迎すべきことですね。少々保証料金が高くたって、連帯保証人を要求されるよりずっといい、と感じている賃貸派は多いのではないでしょうか。これで住み替えも簡単にできるようになります。住み替えのたびに連帯保証人を立てなければならないことで、引っ越しをちゅうちょしていたケースも多いでしょう。部屋の回転が速くなれば、礼金もその都度入りますから家主にもメリットがあります。

札幌市豊平区の賃貸マンションは、木造で造られている一戸建てとは違って鉄筋コンクリートで造られているので強度があります。