設計士との打ち合わせが最も重要

マンションをリフォームするときには、まず最初に設計士と図面を見ながら打ち合わせを行います。実は、この最初の打ち合わせが最も重要なんです。設計士に自分が思い描いているイメージをはっきりと伝えておかないと、後で困ったことになってしまうからです。リフォーム工事が始まってからでも、設計を変更することはできますがお金と時間が無駄にかかってしまいます。工事を始める前の段階で、しっかりした図面を作っておけば、ほぼリフォームは成功したと言っても過言ではありません。そのためには、施主の意見をきちんと聞いてくれる設計士に依頼することが大切です。千葉にもマンションのリフォームをたくさん手がけてきた経験豊富な設計士がいるので、よく話を聞いてくれる設計士を探してみるとよいでしょう。

予算内に納めるのは結構大変

設計図ができあがったら、次は見積りを作成します。設計図通りにリフォームを行ったら、材料費や人件費などで実際にいくらくらいお金がかかるのかを積算していく作業です。残念ながら、リフォームには予算があるため、この段階でせっかく作った設計図を変更しなくてはならないこともあります。予算をオーバーしてしまった場合は、どこを残してどの部分を諦めるかの取捨選択をしなくてはなりません。「ここは妥協できても、ここだけは譲れない」というのが誰にでもあるはずです。リフォームする箇所の優先順位をつけて、必要な部分にはお金をかけ、そうでない部分はある程度我慢するのも必要かもしれませんね。

工事が始まったら現場でチェックを!

リフォームの工事が始まったら、現場に必ず顔を出しましょう。建設会社や大工さんに任せていて大丈夫だと思っても、必ず数回は現場に足を運んで打ち合わせを行うのが基本です。施主がチェックに来るだけでも、現場で作業をしている人たちの表情が引き締まるものです。現場を見て、イメージしていたのと違う場合はすぐに相談してみましょう。リフォーム工事が終わっていないこの段階なら、まだまだ対策ができることも多いです。また、よくできていると思った箇所は褒めてあげると現場の士気が上がります。

マンションリフォームを千葉で実施するために、優れた技術力を有する専門業者の無料相談を利用することが有効です。